【堺市・美原区】夜泣き、夜驚に小児鍼治療が有効??

「夜泣き」とは


1歳を過ぎても夜寝ている時に、起きて泣くことを指します。

〇夜泣きがが始まる時期は授乳が終わる生後3か月ごろから始まります。

〇夜泣きの原因は十分に解明されていませんが、だいたい2歳頃には自然となくなります。

原因として考えられるのは、

「脳の発達が未熟」「睡眠障害」「日中の興奮」「環境の変化」「病気や体調不良」といった事が考えられます。

どうしても、乳児のころと違い、生活リズムの乱れなどで体調の変化が起こりやすい時期となり、夜泣きが起こりやすくなります。

また乳児の夜泣きに対して、幼児が睡眠中に泣き叫ぶ事を「夜驚」と言います。

夜中に急に泣き叫ぶ為、お父さんお母さんは驚くと思いますが、本人は翌朝目を覚ますと全く覚えてない事が多いです。

「夜驚」は部分的覚醒”と呼ばれていて、半分目を覚ましているような状態です。

4歳~5歳で同じ部分覚醒が起こると、“夢中遊行”と言われる現象が起こります。いわいる“夢遊病”といわれるものですね。寝ながら立ち歩く現象です。

また眠っている状態に近いので、声をかけても聞こえないことが多いです。

多くの場合は2~3分、長くても10分以内には収まります。

声が聞こえてないとしても、優しく声掛けをしながら、落ち着くのを待ってあげましょう。

夜驚は誰にでも起こりうることで、病気ではありません。

子供の約1~6%程度に起こるといわれています。年齢では2歳~6歳が大半を占めています。

何らかのストレスや昼間の刺激などが原因で起こる事が多いので、まずは生活リズムを作ってあげる事や愛情を十分に注いであげる事が必要となります。

一時的なものであるケースが多いので、どっしり構えて見守ってあげられる事が一番だと思います。

それでも半年以上続くようであれば、一度小児神経内科や小児鍼を受ける事をおススメします。

 

TEL:072-247-5783

LINE@:@fwt8480v(24時間ご予約・ご相談受付)

【関連ブログ】

【堺市・美原区】子供のカンムシ(疳虫)とは

———————————————————

かりの鍼灸整骨院

院長 仮野洋史

堺市美原区南余部161-1

《受付》

平日:8:30~12:00 16:00~20:00

土曜日:8:30~12:00

日祝休み

【予約優先制】

◯キッズルーム、駐車場完備

◯クレジットカードOK(自費施術のみ)

——————————————————-

関連記事

  1. 【堺市・美原区】肩が凝るとはどういう状態?肩こりを治すには!…

  2. 【堺市・美原区子供の疾患】子供のカンムシ(疳虫)とは

  3. 【堺市・美原区】肩こりの治し方!なんで肩が凝るの?

  4. 【堺市・美原区・不眠症】薬に頼らない身体作りをするには?

  5. 【頭皮の事は堺市美原区かりの鍼灸整骨院】薄毛でお悩みの方のシ…

  6. 【堺市・美原区】肘内障 子供の肘抜けについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA