【堺市・美原区子供の疾患】子供のカンムシ(疳虫)とは

カンムシ(疳虫)とは


乳児の異常行動を総称した言葉です。

なぜカンムシと呼ばれるようになったかというと、昔は病気になるのはすべて体の中の虫が悪さをしており、それが原因で異常な行動をすると信じられてきました。

その虫を抑える為に今でも各地の寺社等で、食紅をおまじないをかけながら掌に書くという施術が行われています。

主な異常行動とは…

・癇癪(かんしゃく)を起こす

・ひきつけ

・突然叫ぶ

・キーキー声で鳴く

・物を投げる

・噛みつく

・たたく

などが挙げられます。

これは夜泣きと同じで成長の過程における身体と心のバランスが崩れることが原因と考えられています。

前回のブログでも紹介したように、

お子様の昼間の刺激や過度のストレス、睡眠サイクルの乱れ、環境の変化などが主に挙げられます。

成長の過程で一時的なものですが、なかなか症状が治まらない時は一度ご相談下さい。

刺さない鍼にてお子様の皮膚をさするように行い、自律神経の調整を行っていきます。

個室のキッズルームもございますので、周りの患者様を気にされる方でも、安心してご来院ください。

 

TEL:072-247-5783

LINE@:@fwt8480v(ご予約・ご相談受付)

【関連ブログ】

【堺市・美原区】夜泣き、夜驚に小児鍼治療が有効??

———————————————————

【かりの鍼灸整骨院】

院長  仮野洋史

堺市美原区南余部161-1

《受付》

平日:8:30~12:00 16:00~20:00

土曜日:8:30~12:00

日祝休み

〇予約制

◯キッズルーム、駐車場完備

◯クレジットカードOK(自費施術のみ)

〇PAYPAY可

——————————————————-

関連記事

  1. 【頭皮の事は堺市美原区かりの鍼灸整骨院】薄毛でお悩みの方のシ…

  2. 【堺市美原区・キッズルーム】頭痛が起こるメカニズム

  3. 【堺市・美原区】夜泣き、夜驚に小児鍼治療が有効??

  4. 【堺市・美原区】肘内障 子供の肘抜けについて

  5. 【堺市 美原区 慢性腰痛 産後引き締めをされたい方】は か…

  6. 【堺市美原区】花粉症の事ならかりの鍼灸整骨院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA